EFOの施策5選! - リピスト | ECサイト構築システム

EFOの施策5選!

EFOでとくに重要度の高い施策5選!

ECサイトのコンバージョン率が改善しないとお悩みのみなさん、EFO施策には取り組んでいますか?
EFOはユーザビリティを向上させるだけでなく、カゴ落ちを減らしCVRの改善にも貢献してくれます。

今回はEFOの具体的な施策の中から、とくに重要度の高い5つの施策をご紹介します。どれも効果の高い施策となっているので、ぜひ参考にしてください。

EFOとは?

Contact Form

EFOとは、Entry Form Optimizationの略で日本語ではエントリフォーム(入力フォーム)最適化と呼ばれています。

エントリーフォームとは、ECサイトで商品を購入する際に表示される、申込みページのこと。商品を購入する際はユーザーが必ず利用するページだけに、その使いやすさや分かりやさがコンバージョンにも大きく影響します。

EFOではさまざまな施策を通して、エントリーフォームの最適化を実行しユーザーのストレスを軽減することが目的。ユーザビリティが向上すれば、スムーズな商品購入に繋がり、コンバージョン率の改善にも繋がるという訳です。

EFOはカゴ落ち対策に効果的

ネットショッピングの際に、エントリーフォームの入力作業にうんざりした経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

エントリーフォームでは、住所や名前、連絡先といった個人情報はもちろん、クレジットカード番号といった決済手段など、入力しなければならない項目がズラりと並んでいます。

例えば、

  • 入力する場所が分からない
  • 全角や半角入力が面倒
  • エラーが出ると入力項目がすべてクリアされる

といった使い勝手や利便性が乏しいエントリーフォームでは、入力の途中で購入をあきらめしまい、そのまま「カゴ落ち」に繋がってしまいます。

つまり、ECサイトでEFOに取り組むということは、カゴ落ち対策に取り組むことと同義だといえます。CVRの改善はもちろんですが、ユーザビリティが高いフォームを提供すれば、購入満足度も高まりリピートユーザーの獲得に繋がるなど、中長期的なメリット得るもできるでしょう。

いますぐ導入したいEFOの重要施策5選

では、具体的にEFOに取り組むにはどのような施策を実行すればよいのでしょうか。ここでは、とくに重要度の高い5つの施策をご紹介します。

1.自動入力・入力アシスト機能

automatic input

1つ目は、自動入力・入力アシスト機能です。

自動入力・入力アシスト機能とは、ユーザーの入力を自動でアシストしてくれる機能のこと。例えば、郵便番号から住所が自動入力される機能や、名前を漢字で入力するとフリガナが入力されるといった機能があげられます。

ユーザーが入力する項目を少なくし、入力ミスなどのストレスを軽減できることから、EFOの中でもとくに重要度の高い施策の1つといえます。

2.ナビゲーション機能

navigation

2つ目は、ナビゲーション機能です。

ナビゲーション機能には、残りの入力項目の数をリアルタイムで表示する他、必須入力と任意入力を色分けするといった施策があげられます。ユーザーにあとどれくらいで作業が完了するのか表示し、ゴールを明確にすることで作業のストレスを軽減します。

また、エラー表示に「郵便番号は半角入力で」といった理由を表示するなど、購入完了までの道のりをサポートすることが狙いです。

3.SNS・ID連携機能

Link a SNS

3つ目は、SNS・ID連携機能です。

こちらは、SNSや各種ID(YahooIDなど)のログイン情報を入力することで、すでに登録されている情報が自動で入力できる機能をいいます。ユーザーは面倒な入力な手間が省け、スムーズな購入が実現できることから、EFOでも重要度の高い施策です。

4.LP一体型購入フォーム

LP一体型購入フォームも、重要度の高いEFO施策の1つでしょう。

LP(ランディングページ)と入力フォームを一体型にすることで、ページを移動する手間を省きます。また、購入を決断した瞬間にすぐページ内で入力を開始できることから、CVRを高め売上のアップに繋げることができます。

5.入力項目の見直し

最後は、入力項目の見直しです。

ECサイトのエントリーフォームを覗いてみると、優先度の低い入力項目が並んでいることがあります。例えば、商品購入とは関係のないアンケートは購入完了後や、任意入力に設定おくしてといった工夫が必要です。

このように、自社のエントリーフォームを見直して、改善点や修正点がないか見直してみましょう。エントリーフォームのデザインの部分も、あわせてチェックしてみるのがおすすめです。

まとめ

今回は、EFO(エントリフォーム最適化)の中でも、とくに重要度の高い施策を5つご紹介しました。

EFOはユーザビリティを向上させるだけでなく、カゴ落ち対策にも効果を発揮します。CVRの改善に悩んでいるなら、一度エントリーフォームを見直して、EFO施策に取り組んでみましょう。

PRECSのカートシステム「リピスト」は、今回ご紹介したEFO施策をすべて搭載しています。エントリーフォームを最適化し、サイトの売上アップを目指すなら、ぜひリピストのサービスをご利用ください。

単品通販をはじめるならリピスト
       

関連記事