ECのプロが教える!売れるランディングページの作り方 - リピスト | EC/D2Cサイト構築システム

ECのプロが教える!売れるランディングページの作り方

ECのプロが教える!売れるランディングページの作り方

ECの販促にはランディングページ(LP)が欠かせません。しかし売れるランディングページ作りは、事業者がもっとも頭を悩ませるポイントではないでしょうか。

そこで今回は、売れるランディングページの作り方について解説します。売れるLPと売れないLPの違いや、作成時のポイントについて見ていきましょう。

ECで売れる・売れないランディングページの違い

conversion

ランディングページとは、リンク先に設置されたページのことです。ECでは商品を購入してもらうための販促手法としてお馴染みで、ページ内で商品やサービスの訴求を行い、コンバージョン(購入)へ繋げることが狙い。ページは一枚完結で作成するのが一般的です。

事業者はランディングページからいかにして購入に繋げるかが重要なポイントですが、いわゆる「売れる」ランディングページを作るのは至難の業といえます。

では、実際に売れるランディングページと売れないランディングページの違いはどこにあるのでしょうか。

売れるLPはユーザーの疑問や要望にきちんと応えている

売れるランディングページの特徴として、ユーザーの疑問や要望にきちんと応えられている点が挙げられます。

商品を購入にしてもらうには、まずはユーザーが購入を決断したくなる「価値」を伝えなければなりません。この価値とは商品のメリットやスペックと捉えられがちですが、実はランディングページでは安心や信頼が重要な意味を持ってきます。

ユーザーがLPを訪れたとき、真っ先に考えるのは「本当にこの商品を購入して大丈夫なのか?」という部分です。つまりランディングページではこの不安を解消し、ユーザーが安心して購入できる商品であることを伝えなければなりません。

売れないランディングページは、商品やサービスの訴求ばかりに意識が向いており、ユーザーの疑問や要望に応えられていないケースが少なくありません。メリットばかりアピールされると、かえって疑いの目を持ってしまうのが人間心理です。

ユーザー目線のランディングページに仕上がっているかが、売れるLPと売れないLPに違いでしょう。

ECで売れるランディングページを作成する具体策

marketing

では、ユーザーの疑問や要望にきちんと応えるには、どのような項目が大切なのでしょうか。売れるランディングページを作成する具体策を見ていきましょう。

1.ファーストビューを意識する

売れるランディングページを作成するなら、ファーストビューを意識しましょう。

リンク先からユーザーが訪れて最初に目にするファーストビューでは、まず結論を提示するようにします。ECの商品であれば、商品の特徴や強み、根拠となるような数字(○○モール月間売上No.1、累計○万本販売など)を掲載します。あわせて、印象に残るようなバナーデザインも意識しましょう。

なぜファーストビューで結論を提示するかというと、ページを訪れたユーザーはまず直感を優先させるためです。「自分の欲しい商品か」「求めているサービスか」が早い段階で提示されていなければ、直感的にページからの離脱を決断します。ここでユーザーを引き留め、ランディングページをしっかりスクロールしてもらうためにも、ファーストビューには工夫を凝らしましょう。

2.価値と根拠を提示する

ファーストビューでユーザーを引き留めたら、その内容についてきちんと価値(ベネフィット)と根拠(エビデンス)を示していきましょう。きちんとしたメリットや研究データを掲載することで、ファーストビューで訴求したポイントをさらに掘り下げていきます。

売れるランディングページのポイントとしてユーザーの疑問や要望に応えることが大切とご紹介しましたが、価値と根拠を説明する段階でこのポイントを自然に満たすことができるのが理想です。例えば、アレルギーが気になるというユーザーの不安に先回りして、成分表記を詳細に掲載しておく、といった具合です。

このように先回りしてユーザーの疑問や要望をフォローしておけば、ブランドに対しての信頼感を抱いてもらえます。

3.コンバージョンボタンを設置する

ランディングページには購入に繋がるコンバージョンボタンを設置しますが、ボタンは一箇所ではなく複数箇所に設置しましょう。

これは、ユーザーが商品を購入しようと決断したタイミングを逃さないためです。また、ボタンのデザインやサイズは目を引きやすいよう工夫し、機会損失を徹底的に減らすよう意識しましょう。

4.よくある質問やお客様の声を掲載する

ページ内で説明しきれなかったポイントは、よくある質問を利用して疑問に応えてあげましょう。例えば、定期購入の商品なら、詳細な金額や初回購入だけでキャンセルできるのか?など、ユーザーへ丁寧に紹介していきます。

また、自社に届けられたお客様の声や商品レビューは商品への安心や評価を保証してくれるこれ以上ない材料です。ユーザーの許可を得ながら、積極的に掲載していきましょう。

まとめ

ランディングページはECの売上アップを支える軸となる施策です。それだけに売れるランディングページを作成することができれば、自社の利益に対して高い効果が期待できます。

売れるランディングページの基本となる「ユーザーの疑問や要望にきちんと応えられているか」というポイントをしっかり押さえながら、魅力的なページに仕上げていきましょう。

EC運営に関して、お困り事などあれば、お気軽にお問い合わせください!
EC通販に精通したプロがお答えいたします。
新しいタブでページが開きます

03-6284-2812

10:00~18:00( 土日祝日は除く )

NEWPOST 新着記事