外部リンク対策ってSEOの効果があるの? - リピスト | EC/D2Cサイト構築システム

外部リンク対策ってSEOの効果があるの?

外部リンク対策ってSEOの効果があるの?

SEO(検索エンジン最適化)において重要な施策とされている外部リンク対策。

しかし最近ではGoogleのアップデートにより、外部リンク対策が有効なのか疑問視する声も少なくありません。

そこで今回は、外部リンク対策はいまでもSEOに有効なのか?という疑問について解説します。外部リンクの概要や良いリンク・悪いリンクの違いについても紹介しています。

外部リンクとは?

worldwide network

外部リンクとは、外部のWebページから自社サイトのページがリンクされることをいいます。

自分のWebページ内に自分たちのサイトのリンクを貼ることを内部リンクと呼びますが、内部リンクは自社のサイトで作業を完結することが可能です。しかし外部リンクは、他サイトからの評価や信頼を得る必要があります。具体的には、参照元や参考文献として自ページのリンクを貼ってもらうといった形式が一般的ですが、相手側の評価や作業に依存するため、SEOの中でも難易度が高い施策の1つとされています。

こうした背景から、Googleでも外部リンクをページの信頼性を測る重要な指標として注目。SEOにおいて重要な評価基準の1つとなっています。

良い外部リンクと悪い外部リンクの違いは?

さて、外部リンクにはSEOにおいて評価される「良い外部リンク」と「悪い外部リンク」があります。

良い外部リンクとは、リンクとの関連性やリンク元の信頼性が高いものをいいます。同じ業界内でも権威が高いサイトや、ユーザーからの評価が高いといった「質の高いサイト」が挙げられます。

一方、悪い外部リンクとは、リンクとの関連性が低く人工的なサイトであるものをいいます。人工的なサイトとは、検索順位を操作するために意図して作られたサイトのこと。「質の低いサイト」と言い換えることができ、こうしたサイトからのリンクはSEOに悪影響を及ぼすめ、悪い外部リンクとされています。

外部リンク対策を一変させたペンギンアップデート

外部リンク対策について解説するには、Googleの「ペンギンアップデート」について触れておく必要があります。

SEOにおいて外部リンクが重要であることが広まると、業者が検索順位の操作を目的として質の低いサイトを大量に製作。そこから外部リンクを貼り検索順位を上げるといった手法が広がりました。検索順位の上位にはこうして「外部リンク対策を行った」サイトが溢れかえり、コンテンツの質が著しく低いものが大量に出回ってしまいました。

Googleはこうしたサイトへの対応として、2014年から2016年にかけて大規模なアルゴリズムのアップデートを実行。「ペンギンアップデート」と呼ばれる一連のアップデートにより、悪質な外部リンク対策を実行していたサイトは検索順位を大幅な低下させ、従来までの外部リンク対策を一変させました。

外部リンク対策はいまでもSEOに有効なのか?

Search Engine Optimization

ペンギンアップデート以後もGoogleのアルゴリズムはチューンアップされており、悪い外部リンクを使って検索順位を上げることは不可能となっています。

では、外部リンク対策はいまでもSEOに有効なのでしょうか?

いまでも外部リンク対策はSEOに有効

結論から述べると、現在でも外部リンク対策はSEOに効果的な施策の1つです。

Googleでは、公式の見解としてリンクプログラムについて声明を発表しています。この中では具体的にどのような外部リンクがサイトの評価に悪影響を与えるのかを詳しく解説しています。

また、あわせて次のような文章も掲載されています。

自分のサイトに他のサイトから高品質で関連性の高いリンクを作ってもらうには、インターネット コミュニティで自然に人気を得られるような、関連性の高い独自のコンテンツを作成するのが最も効果的な方法です。良質なコンテンツを作成すると、それが利益につながります。リンクは編集者による人気投票のようなもので、役に立つコンテンツを多く提供するほど、そうしたコンテンツが自サイトのユーザーにとって有益だと気付く人が増え、そのサイト コンテンツへのリンクを設定してもらえる可能性が高くなります。

つまりGoogleは、質の高いサイトからのリンクは、サイトの評価を上げるには有効であると述べているということ。これはSEOにおいて効果があると受け取ることができ、現在でも外部リンク対策が有効なSEO施策の1つであるといえるでしょう。

とはいえ、こうした外部リンクを狙って集めるのは困難かつ本質的ではなく、良質なコンテンツを作ることで信頼を獲得することに注力するのがよいでしょう。

出典:Google品質に関するガイドライン【リンクプログラム】

まとめ

今回は、外部リンク対策はいまでもSEOに有効なのか?という疑問について解説しました。

Googleによるアップデート以後も、外部リンク対策はSEOにおいて効果的な施策の1つです。具体的には質の高いサイトからのリンクが有効ですが、こうしたサイトからの評価を集めるためにも、事業者は質にこだわったコンテンツの製作を意識し続けていきましょう。

NEWPOST 新着記事