顧客をブランド作りに巻き込む「ユーザー参加型」の商品開発とは? - リピスト | ECサイト構築システム

顧客をブランド作りに巻き込む「ユーザー参加型」の商品開発とは?

顧客をブランド作りに巻き込む「ユーザー参加型」の商品開発とは?

近年マーケティング戦略の一環として、ユーザー参加型の商品開発が注目を集めています。

ブランドを構築する上で重要なセクションとなる商品開発の段階からユーザーに参加してもらうことで、ブランドへの愛着を育み、新規顧客の獲得やファン化に繋げるのが狙いです。

今回は、ユーザー参加型の商品開発の強みや、具体的なブランド事例について解説します。

ユーザー参加型の商品開発で顧客のファン化を狙う

これまでブランドの商品開発は、企業だけで完結するのが一般的でした。しかし、スマホの普及やSNSの拡大によりユーザーとの距離感が近くなったことで、ユーザー参加型の商品開発が注目を集めるようになりました。

例えば、

  • 商品のパッケージデザインをSNS上のアンケートで募る
  • 商品に求める機能やニーズをライブ配信で募集する
  • クラウドファンディングを通じて資金提供を呼びかける

 

など、テクノロジーやサービスを活用してユーザーと一緒にブランドや商品開発に取り組む動きが加速しています。

目的は顧客のファン化。商品開発の初期段階から顧客が深く関わることで、商品やブランドへ対しての愛着を育むことができます。結果として商品発売後もファンとしてブランドを応援(購入)してくれる傾向が強くなり、中長期的な関係性を構築できます。

ECでの新規顧客獲得が難しくなった

では、なぜこうしたユーザー参加型の商品開発が注目を集めているのでしょうか。

大きな理由に、ECでの新規顧客の難易度が年々高まっている点が挙げられます。EC市場は毎年右肩上がりで成長を続けていますが、それにつれて、事業者間の競争はますます過熱化しています。

新規顧客の獲得競争も激しさを増しており、以前に比べマーケティングの成果が見えづらい状態が続いていました。

そこで事業者は、顕在顧客になる前段階である、潜在顧客や見込み顧客の開拓に注目。そのアプローチの1つが、ユーザー参加型の商品開発です。新規顧客を獲得するのではなく、企業で「育てていく」という視点を取り入れることで、これまで開拓できなかったユーザー層を掘り起こし、顧客の獲得に繋げていきます。

また、ユーザーがファン化すればLTVを高めることができ、売上の拡大に繋げられるのもメリットの1つです。

ユーザー参加型の商品開発をしているECサイト事例3選

では、ここからはユーザー参加型の商品開発やブランド運営を行っているECサイトの事例をご紹介します。

1.ALL YOURS(オールユアーズ)

ALL YOURS

ALL YOURS(オールユアーズ)は、D2Cモデルで事業を展開しているアパレルブランドです。

オールユアーズはCAMPFIREにて24か月連続でのクラウドファンディングを展開。累計5,700万円超の支援金を集め、アパレルカテゴリにおいて国内最高額の支援金額を達成しました。

同社の木村昌史氏はインタビューにて、

ブランドとして一番気をつけているのは、なるべく自分たちでブランドを定義しないということです。お客さんが入る余地を意識的に残しています。

と語り、一方通行の関係ではなく、双方向の関係性を構築することを目指しています。

クラウドファンディングはそのアプローチの一つであり、商品へのフィードバックや開発段階でも積極的にユーザーが参加することで「共犯関係(木村氏談)」を築き、ブランドの価値を高め、ストーリー性を持たせることに成功しました。

インタビュー引用先:顧客ではなく共犯者。服を介したコミュニティを形成する、SNS時代のアパレル進化論|木村昌史(ALL YOURS)

2.ブルボン

ブルボンファンパーク

老舗お菓子メーカーとして多くのヒット商品を手掛けるブルボンは、2016年2月から「ブルボンファンパーク」と呼ばれるコミュニティサイトを運営しています。

同サイトでは、コミュニティに参加したファン同士の交流や商品のモニター体験、イベントへの参加やプレゼント企画などを開催しており、ブルボンとお客様が交流できる場として人気を集めています。

近年ではSNSでの交流も積極的に行っており、ブランドイメージの向上に効果を上げています。

3.PHOEBE BEAUTY UP(フィービー ビューティーアップ)

PHOEBE BEAUTY UP

若年層を中心に絶大な支持を集めるコスメブランドPHOEBE BEAUTY UP(フィービー ビューティーアップ)。同社はユーザー参加型の商品開発で大きな成功をあげた事例の1つです。

フィービービューティーアップは2019年に誕生したD2Cコスメブランドですが、その出発点となったのが、美容メディア・DINETTE(ディネット)です。ディネットは2017年からインスタグラムを軸に、美容やコスメに関する動画を発信。豊富なコンテンツや若年層に刺さる「映える」サイト作りが支持され、人気メディアへと成長しました。

実はフィービー ビューティーアップの商品は、ディネットを利用するユーザーの声をもとに商品開発が行われています。自社メディアでメインとなるターゲットのニーズを的確に掴みつつ、商品開発に参加するという「体験」を提供することで、フィービービューティーアップは瞬く間に人気ブランドへと成長しました。

まとめ

ユーザー参加型の商品開発は、商品やブランドへ対しての愛着を育むことができるだけでなく、顧客との中長期的な関係性を構築することができます。

SNSをはじめ多くのデジタルツールが気軽に使える現代では、ユーザーと繋がりやすい環境を作りやすいため、企業としても積極的に活用する価値は大きいでしょう。

また、年々ECサイトの競争が過熱化する中、新規顧客の獲得へのハードルは高くなっています。こうした状況の中で、ユーザー参加型の商品開発は今後ますます注目を集めていくでしょう。

単品通販をはじめるならリピスト
       

関連記事