ECサイトの売上を上げたいなら購入フローを見直そう - リピスト | EC/D2Cサイト構築システム

ECサイトの売上を上げたいなら購入フローを見直そう

ECサイトの売上を上げたいなら購入フローを見直そう

売上の伸び悩みに頭を抱えているEC運営者の方、購入フローの見直しに取り組んでみませんか?

購入フローの見直しは、ECの売上に大きく関係する「カゴ落ち対策」や「CVRの改善」に効果を発揮します。

本記事では、ECにおける購入フローの重要性や具体的な改善策について解説します。

購入フローとは?

購入フローとは、ユーザーが商品を購入するまでの「流れ」のこと。ECで具体的に述べると「商品をカートに入れてから購入(コンバージョン)に至るまで」の過程を指します。

ECサイトを運営する際、この購入フローの見直しを行うことで、売上のアップやCVRの改善に繋げることができます。

なぜ購入フローの見直しが売上アップやCVRの改善に繋がるのか

では、どうして購入フローの見直しが売上アップやCVRの改善に繋がるのでしょうか?

ECサイトにおいて、売上にもっとも影響を及ぼすのが「カゴ落ち(カート離脱)」です。カゴ落ちとは、ユーザーがいったん商品を買い物カゴに入れたものの、購入に至らずそのままサイトを離脱してしまう現象をいいます。

アメリカのWebリサーチ会社・Baymard Instituteの調査によると、ECサイトのカゴ落ち率は平均69.57%。約7割のユーザーが、いったんは購入を考えたものの、コンバージョンに至らなかった計算になります。

視点を変えれば、このカゴ落ちに対策を講じることができれば、CVRや売上アップに繋がるということ。ECにおける購入フローは、カゴ落ちが発生するポイントと合致します。つまり、購入フローを見直すことがCVRの改善や売上アップに直結するという訳です。

購入フローの具体的な改善策は?

では、具体的に購入フローの改善策についてみていくことにしましょう。

1.ストレスを感じさせない入力フォーム

Contact Form

1つ目は、ストレスを感じさせない入力フォームを用意するということ。

ネットショッピングの際に、入力項目が多く途中で購入を断念した経験はないでしょうか?入力フォームはECの購入フローの中でも離脱する割合が高いポイントで、ユーザーにストレスを感じさせない工夫が必要となってきます。

具体的には、入力フォームを複数のページにまたがせないといった方法や、LP一体型購入フォームの導入、入力項目の最適化や入力アシスト機能などが挙げられるでしょう。

2.利便性の高いUI・UX設計

利便性の高いUI・UX設計をおこなうことも、購入フローの見直しには効果的です。

フォントの種類や大きさ、バナーの位置やサイズなど、ECサイトでは視覚的に得られた情報から利便性や機能性を判断することが多くなります。サイトのデザインを考える際は、こうしたUI・UXを向上させる視点に立つことで、カゴ落ちを軽減することができます。

3.サイトの読み込みスピードを改善する

loading

購入フローの見直しにおいて見逃しがちなので、サイトの読み込みスピードです。

ECサイトではサイトの読み込みが遅いと、ユーザーはストレスを感じてしまいサイトを離脱する傾向にあります。購入フローで離脱してしまえば、それはカゴ落ちに繋がってしまうだけに、しっかりとした対策を講じておくことが大切です。

サイトスピードは各種分析ソフトなどを利用することで改善ポイントが判明するため、この機会に自社サイトの読み込みスピードをチェックしてみましょう。

4.カゴ落ちユーザーに直接アプローチする

カゴ落ちしたユーザーに直接アプローチする離脱防止施策を用意しておくのも、購入フローの見直しには有効です。

具体的には、メールやSMSなどを使ってカートに商品が残っていることを知らせる手段が挙げられます。また、サイトから離脱する際に「購入をお忘れではありませんか?」といった具合にポップアップを表示し、離脱率を軽減するのも効果的です。

5.豊富な決済手段を用意しておく

method of payment

豊富な決済手段を用意しておくことも、購入フローの見直しの際には検討しておきたい項目です。

任意の決済手段の有無は、ユーザーにとって購入を決断する重要な判断材料となります。普段から利用している決済手段があれば、入力の手間が省ける点やセキュリティへの安心感、ポイントの利用といったさまざまなメリットを提示することができるため、カゴ落ちを防止し購入へ結びつけることができます。

まとめ

今回は、ECサイトの売上アップに欠かせない購入フローの見直しについて解説しました。

ECにおける購入フローとは、商品をカートに入れてから購入(コンバージョン)に至るまで流れのこと。ECの売上と関係性の深いカゴ落ちを防止するにはとくに重要なフェーズとなるため、購入フローの見直しは売上やCVRの改善に直結しやすいといえます。

PRECSのカートシステム「リピスト」は、LP一体型購入フォームやアップセル機能などを通じて、購入フローの見直しに貢献します。豊富な「勝ちパターン」を提供できるカートシステムをお探しなら、ぜひリピストをお選びください。

NEWPOST 新着記事