ネットショップを始めるのにアプリは本当に必要か? - リピスト | ECサイト構築システム

ネットショップを始めるのにアプリは本当に必要か?

ネットショップを始めるのにアプリは本当に必要か?

これからネットショップを始めたい方の中で、アプリを導入するか迷っている方も多いのではないでしょうか。

スマホが普及するにつれて自社アプリをリリースする店舗も増えてきましたが、実はネットショップがアプリを導入することには一長一短があるようです。

そこで今回は、ECにおけるアプリ導入のメリット・デメリットから、ネットショップを始める際にアプリは必要か?という疑問に迫ってみましょう。

ネットショップにアプリを導入するメリット・デメリット

まずは、ネットショップにアプリを導入する上でのメリットとデメリットを見ていきましょう。

アプリを導入するメリット

merit

  • リピーターの再訪を促せる
  • プッシュ通知が利用できる
  • 他サイトへ離脱しなくなる
  • ブランディングに活用できる

まず、ネットショップにアプリを導入するメリットから見ていきましょう。

アプリを導入するメリットとして、リピーターの再訪を促すことができる点が挙げられます。アプリをダウンロードするということは、ユーザーとの接点を常時持っておくことができるということ。これはネットショップにとって重要な、リピーター獲得の大きなアドバンテージといえます。

プッシュ通知を利用できるのも、アプリを導入するメリットでしょう。キャンペーン情報やコンテンツの更新情報をダイレクトにお知らせできるプッシュ通知は、視認性も高く開封率も高いことで知られています。

また、アプリは自社専用のツールとなるため、web上のように他のサイトへ離脱するといった心配がありません。基本的にユーザーのアクションがアプリ内で完結するため、滞在時間が長くなりコンバージョンにも繋がりやすくなります。

コンテンツをしっかりと作り込み、デザインや機能性を追求すれば効果的なブランディングに活用することもできるでしょう。

アプリを導入するデメリット

demerit

  • ダウンロードが必要
  • 開発コストや時間がかかる
  • アップデートが必須
  • コンテンツのボリュームが不可欠

一方で、ネットショップにアプリを導入するデメリットはどこにあるのでしょうか。

まず、アプリを利用する際にダウンロードが必要である点はデメリットに挙げられます。ネットショップで商品を購入するだけなら、わざわざアプリをダウンロードする手間を省き、直接サイトから購入する方が便利です。とくに、新規ユーザーは商品やブランドへの愛着も乏しいため、ダウンロードのハードルは高くなってしまいます。

また、アプリの開発コストや時間がかかる点もデメリットでしょう。自社で開発するとなると専門的なノウハウが必要となり、いずれにしても作業負担は大きくなります。ネットショップを始めたばかりの段階では、こうした部分まで労力を避けるかは微妙なところです。

アップデートが必要な点も、アプリのデメリットといえるでしょう。ウェブサイトならこまめなリニューアルやデザインの変更も手軽に行えますが、アプリではユーザーにアップデートを行ってもらう必要があります。せっかくの新しい機能をリリースしても、アップデートをしてもらえない状態ではアプリのパフォーマンスを十分に発揮できません。

最後に、コンテンツのボリュームが不可欠な点もデメリットに数えられます。ネットショップのアプリをダウンロードしてみたものの、中身は商品検索や購入が行えるだけでウェブサイトと大差ない、というケースも多いのではないでしょうか。これではユーザーはアプリを利用しなくなり、リピーターの獲得には繋がらないでしょう。

やはりアプリを導入するなら相応のコンテンツボリュームは不可欠で、魅力あるコンテンツ作成が必要となります。

【本題】ネットショップを始める際にアプリは必要?

ここまでネットショップでアプリを導入するメリットとデメリットを見てきましたが、いよいよ今回の本題でもある「ネットショップを始める際にアプリは必要か?」という疑問を解決していきましょう。

必ずしもネットショップを始める際にアプリを導入する必要はない

アプリを導入するメリットとデメリット見ていくと、『必ずしもネットショップを始める際にアプリを導入する必要はない』という結論に結び付きます。

ネットショップをスタートした当初は、新規顧客の獲得がメインとなります。リピーター獲得施策であるアプリを最初の段階でリリースしても、期待するほどの販促効果は望めないでしょう。

また、サイトの運営強化やコンテンツの充実を図るには、ある程度時間がかかります。まずウェブサイトでの実績を積み上げて、次のステップとしてアプリを導入しブランドを強化していくという流れが現実的といえそうです。

無理にショップの立ち上げと同時にアプリをリリースしても、アプリの利用価値が高まらずかえって評価が下がってしまっては意味がありません。

アプリを導入したいならしっかりと目的意識を持ち、コンテンツの体制が整ったタイミングを見計らって実施しましょう。

まとめ

今回は、ECサイトにおいてアプリを導入するべきかどうか、メリット・デメリットを参考に考察してみました。

ネットショップのオープン当初はサイトの安定した運営やコンテンツの強化がまず優先されます。アプリの投入はその後からでも遅くはなく、焦って導入を急げば、せっかくのメリットを損なう結果となってしまいます。アプリの導入はサイトの運営が安定してからを目安にし、もしサイトリリースと同時にスタートする場合は、コンテンツのボリュームをしっかり確保しておきましょう。

PRECSのカートシステム「リピスト」なら、豊富な機能と手厚いサポート体制で、あなたのショップ運営をしっかり後押しします。ネットショップの構築をお考えなら、ぜひリピストにご相談ください。

単品通販をはじめるならリピスト
       

関連記事